① 道南食と観光クラスター型6次産業化推進協議会(北海道渡島・檜山振興局内)
~南地域の特産品がごめ昆布を活かした商品開発や体験型観光プログラムの開発を支援~

9月13日(土)に、海藻の収穫見学・加工体験ツアーが開催されました。がごめ昆布のおぼろ削り体験は、参加者にとても好評だったようです。
11月下旬~12月中旬には、ホテルの朝食で海藻料理を提供する月間イベント「函館の朝食に海藻を」や、がごめ料理を食べ歩くことのできる「ねばねばフードラリー」の開催が予定されています!

南地域の特産品がごめ昆布を活かした商品開発や体験型観光プログラムの開発を支援

② 峡南地域活動支援協議会(山梨県)
~棚田米を活用した米麹の開発を支援~

棚田米の稲刈りが行われ、商品化に使用する新米が確保されました。麹の試作品も開発され、2月に東京で開催される食品見本市に向けて、商品開発が本格的に進められようとしています!

棚田米を活用した米麹の開発を支援

③ 七尾留学推進協議会(石川県能登地域)
~若者と地域のマッチングによる、農家民宿での旅行商品開発、里山体験ツアーの開発を支援~

8月より古民家こずえ(農家民宿)で受け入れていたインターン生の地域報告会が開催され、地域の多くの方が話に耳を傾けました。里山体験メニューの開発についても、11月の最終セッションに向けて、取組が進められています!

若者と地域のマッチングによる、農家民宿での旅行商品開発、里山体験ツアーの開発を支援

④ 静岡県西部地域づくり活動支援協議会(静岡県西部)
~ものづくり力を活かした、竹林のサプライチェーン構築、農畜産品のブランド化、新製品・新商品の開発を支援~

商品開発・販売戦略などのマーケティング指導や、竹資源の流通システムの構築に向けた検討が進められています。12月開催予定の試食会に向けた農畜産品の品質検査や、新製品・新商品開発のための大学生によるデザインコンペの開催支援等が実施されています!

ものづくり力を活かした、竹林のサプライチェーン構築、農畜産品のブランド化、新製品・新商品の開発を支援

⑤ 「駅と駅を結ぶ物語」実行委員会(福井県鯖江市)
~中心市街地の活性化に向けて、さばえブランドとなるオリジナル料理の開発と移動販売の充実を支援~

8/12(火)に、鯖江に来たら食べたいと思えるご当地料理を考えるワークショップが開催されました。鯖江で昔から親しまれてきた報恩講料理を食べた参加者から、活発な意見が出されたそうです。11月以降開催の試食会に向けて、料理開発やFacebookによる情報発信が進められています!

中心市街地の活性化に向けて、さばえブランドとなるオリジナル料理の開発と移動販売の充実を支援

⑥ ポザーダ・ジャパン推進協議会(兵庫県但馬・丹波地域)
~古民家等の歴史的建築物や歴史地区の再生に向けて、物件調査や活用プランの作成、地域資源を使ったメニュー開発や地場ツアーの造成等を支援~

篠山市、養父市、朝来市、豊岡市の4地区において、物件調査や地場メニュー・地場ツアーの開発が進められています。11月からは、各地域の住民が参加するワークショップの開催が予定されています!

古民家等の歴史的建築物や歴史地区の再生に向けて、物件調査や活用プランの作成、地域資源を使ったメニュー開発や地場ツアーの造成等を支援

⑦ かみかつ棚田のめぐみ活用会議(徳島県上勝町)
~棚田資源を活用した感動あるビジネスの創出を支援~

9月6日(土)に、上勝町樫原地区から市宇地区の棚田を巡る「ノルディックウォーク」が開催されました。自然と歴史を感じながらのエクササイズが、参加者にとても好評だったようです。11月以降は、棚田オープンファームや棚田ウェディングの検討ワークショップが行われます!

棚田資源を活用した感動あるビジネスの創出を支援

⑧ 綾ユネスコエコパークまちづくり協議会(宮崎県綾町)
~エコパークを活用した認証制度の確立、商品開発を支援~

9月29日(月)に、ユネスコエコパークのブランド化を目指した認証制度の提案報告会が開催され、宮崎大学の学生による熱心なプレゼンが繰り広げられました。
認定商品の商品化に向けて、試作品開発、パッケージデザインの検討なども、並行して進められています!

エコパークを活用した認証制度の確立、商品開発を支援

⑨ 沖縄市地域づくり協議会(沖縄市(主としてコザ地域))
~子どもを核とした事業に対し、商品開発や販路開拓、連携、ビジネスモデルの構築等を支援~

9月20日(土)に、コザ地域に必要なものは何か?私たちに何ができるか?をワークショップ形式で一緒に考える、「地域資源活用セミナー」が開催されました。
10月には、子どもたちが実際にまちを歩き、見つけたポイントを絵にし、地図としてまとめていく、コザのまちの地図づくりのイベントが開催されました!

子どもを核とした事業に対し、商品開発や販路開拓、連携、ビジネスモデルの構築等を支援

Facebookでは、リアルタイムで各体制の活動状況を発信しています!
地域づくり支援ネットFacebook https://www.facebook.com/chiikidukurisien