地域づくり支援ネット

地域づくり活動支援体制の紹介

  • HOME »
  • 地域づくり活動支援体制の紹介

国土交通省国土政策局では、地方部における地域づくり活動を支援していくため、現場の活力や知恵を結集する仕組みとして、地方公共団体、地域金融機関、NPO、民間企業等の地域の多様な主体が連携した地域づくり活動支援体制の構築を推進しています。
平成26年度から、地域づくり活動支援体制整備事業(※)として、全国の先進的な取組を応援しています。

平成28年度

道府県 体制名 事業名 実施地域
1 北海道 夕張のあらたな魅力の発掘・発信に向けた中間支援コンソーシアム 夕張の地域資源を活用した地域住民主体の観光振興及び特産品開発・販売への中間支援活動 夕張市
2 青森県 田舎館村地域づくり活動支援協議会 『田んぼアート』発祥の地、田舎館村の地域ビジネス創出支援事業 田舎館村とその周辺
3 石川県 金沢ソーシャルベンチャー推進協議会 金沢の里山ビジネス「農作物加工品・ジビエ」の学生連携による経営革新支援 金沢市を中心とした石川県・北陸地域
4 長野県 信州上田産ブランディング協議会 信州上田地域における地元農産物を活用した6次産業化に対する中間支援活動 上田市、東御市
5 広島県 安芸高田「元気なまちづくり」支援協議会 甲田地域の遊休資産とJR芸備線を活用した「元気なまちづくり」に対する中間支援活動 安芸高田市甲田町
6 福岡県 久留米絣ブランド推進・商品開発協議会 筑後エリアにおける久留米絣のブランド化推進・商品開発に対する中間支援活動 久留米市を中心とした筑後エリア

平成27年度

道府県 体制名 事業名 実施地域
1 北海道 ニセコ羊蹄山麓体験型ツーリズム推進協議会 ニセコ・羊蹄山麓における雪と農の体験型ツーリズムを活用した新たな着地型観光のコンテンツ開発に対する中間支援活動
(※多役多業)
倶知安町
2 福島県 まちなみ・蔵庭プロモーション協議会 まちなみと蔵庭を活かした「駅~まちなか」をつなぐプロジェクトに対する中間支援活動 喜多方市
3 千葉県 銚子円卓会議 健康寿命の延伸につながる地域づくり活動を「見える化」「地域ぐるみ化」する中間支援活動 銚子市
4 富山県 うおづ地域づくり協議会 魚津地域における地域産品を活用した商品のブラッシュアップ等に対する中間支援活動 魚津市
5 三重県 松阪商人サポート隊 “豪商のまち”をテーマに新たな資源活用ビジネスを創造する中間支援活動 松阪市
6 岡山県 おかやまマルシェ起業支援協議会 地域のつながりと可能性を伸ばす小商いの苗床「市場・マルシェ」の起業支援とネットワーク構築プロジェクト 岡山市
7 山口県 山口市阿東地福地域拠点づくり協議会 山口市阿東地福地域における見守りサービスを活用した新たな拠点ネットワーク化に対する中間支援活動(※多役多業) 山口市阿東地福地域

平成26年度

平成26年度の地域づくり活動支援体制の活動内容やポイント等のとりまとめを、国土交通省ウェブサイトにてご覧いただけます。

道府県 体制名 事業名 実施地域
1 北海道 道南食と観光クラスター型6次産業化推進協議会 6次産業化による道南地域づくり活動プロジェクト 渡島、檜山振興局管内
2 山梨県 峡南地域活動支援協議会 富士川町舂米(つきよね)区における棚田米を活用した米麹の開発に対する中間支援活動 峡南地域
3 石川県 七尾留学推進協議会 能登地域における地域課題と若者のマッチングによる中間支援活動 七尾市を中心とした能登地域
4 静岡県 静岡県西部地域づくり活動支援協議会 浜松地域のものづくり力を活かした竹林の再生と新産業の創出 静岡県西部
5 福井県 「駅と駅を結ぶ物語」実行委員会 鯖江市中心街における商業施設を活用した「駅と駅を結ぶ物語」開発に対する中間支援活動 鯖江市
6 兵庫県 ポザーダ・ジャパン推進協議会 但馬・丹波地域における「歴史的建築物の活用」に対する中間支援活動 但馬地域
7 徳島県 かみかつ棚田のめぐみ活用会議 かみかつ棚田のめぐみ感動ビジネスづくりプロジェクト 上勝町
8 宮崎県 綾ユネスコエコパークまちづくり協議会 綾町におけるユネスコエコパークを活用した認証制度の開発に対する中間支援活動 綾町
9 沖縄県 沖縄市地域づくり協議会 子供を軸に市街地へ人を呼び込む仕掛け(ビジネス網)をつくる事業者等に対する中間支援活動 沖縄市

※ 地域づくり活動支援体制整備事業とは
地方部において地域の活性化を促進するため、地方公共団体、地域金融機関、NPO、民間企業等の多様な主体により構成される地域づくり活動支援体制が行う、自然、歴史、文化等の地域資源を活かした特産品開発、観光開発等の事業型の地域づくり活動への支援(中間支援活動)に要する経費に対して補助金を交付する事業です。

また、平成27年度においてのみ、喫緊の課題である地方部における人口減少下での担い手確保対策として、一人二役、二人三役といった多役多業型の地域づくり活動については担い手の活動も支援しています。

多役多業型の地域づくり活動とは

  • 地域の維持のために実施されることが望ましいが、人手不足等の理由により実施されていない活動
  • 普段の仕事・業務に加えて行う地域づくり活動(普段の仕事・業務に加えて別の時間を活用して行う地域づくり活動や、普段の仕事・業務と組み合わせて効率的に行う地域づくり活動)
  • 事業型の地域づくり活動につながる活動

  1. 地域住民が本業の傍ら登録運転手として過疎地有償運送(バス、タクシー等)を行い、併せて高齢者見守り、有償で田畑への農作業資機材運搬・草刈り、庭木剪定等を行う活動。
    (地方部の人材が本業+有償運送+見守り等を実施)
  2. 地域の若手農家が本業の傍ら高齢者世帯の庭先集荷及び見守りを有償で実施し、直売所などで販売する活動。高齢者は出荷・販売の手数料を負担しつつ売り上げを受け取るスキーム。
    (地方部の人材が本業+庭先集荷+見守り等を実施)
  3. 都市部企業がCSR活動の一環として地域のNPOと連携し、都市部で仕事を持つ人が、地方部において都市・農村交流として耕作放棄地における農作業、収穫体験等のツアーに参加する活動。
    (都市部の人材が本業+地方部での地域づくり活動を実施)
facebook

アーカイブ

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 地域づくり支援ネット All Rights Reserved.