地域づくり支援ネット

信州上田産ブランディング協議会

地元産ニンニクの生産体制の安定化と、地元産ニンニクを使った「美味だれ」の高付加価値化を支援し、若年無業者の就労支援や耕作放棄地の解消をめざす

信州上田産ブランディング協議会

上田_担い手が生産した上田産のニンニク

担い手が生産した上田産のニンニク


上田_担い手が製造している「俺たちの美味だれ」

担い手が製造している「俺たちの美味だれ」


上田_担い手が生産した上田産のニンニク畑

担い手が生産した上田産のニンニク畑

事務局
NPO法人アイダオ
実施エリア
上田市、東御市

信州上田地域における地元農産物を活用した6次産業化に対する中間支援活動

事業の概要

若年無業者の就労を支援しているNPO法人が、就労の受け皿としてのにんにくの生産・販売、及び地元産にんにくを使ったご当地グルメ「美味だれ」の商品力向上に取り組んでいます。これらに対して、にんにくの安定生産・品質向上に向けた専門家による助言・指導、ウェブや店舗販売等を活用した販路開拓支援を行います。

担い手が行う地域づくり活動とは・・・
①若年無業者の就労支援の一環として取り組んでいる上田産ニンニクの生産に関して、安定化と高品質化に取り組みます。
②現在販売している「美味だれ」に関して、デザインやパッケージ、販路先等を見直し、効果的な生産・販売体制を構築します。

中間支援の概要

担い手が取り組む上田産ニンニクの生産に関して、安定した収量確保と品質向上をめざすため、農業専門家の派遣により、栽培方法等の指導を行います。また、ご当地グルメ「美味だれ」の販促に向けて、デザインや販路先等に関して専門家によるマーケティング及びブランディングを支援します。また、ウェブの活用、協議会のネットワークを活用した商談会への参加やアンテナショップでの販売拡大も支援します。

協議会の主な構成主体 中間支援の内容
①NPO株式アイダオ 事業全体の企画・運営を担うとともに、事務局機能を担う。生産・加工・販売支援に関するコーディネート役となり、体制と担い手の間の窓口として機能する。また、販路開拓支援、ウェブ構築における企画支援等も行う。
②上田市 庁内の農政部門、商工部門、政策企画部門が連携して支援を行う。具体的には、関連する情報の提供、農業指導やマーケティング等に関する専門家の調整・派遣等を行う。
③八十二銀行 事業計画の策定支援、商品開発・販売における事業者のマッチング、販路先の紹介等の支援を行う。

実施体制

信州上田産ブランディング協議会実施体制

facebook

アーカイブ

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 地域づくり支援ネット All Rights Reserved.