地域づくり支援ネット

「駅と駅を結ぶ物語」実行委員会

鯖江ブランドとなるオリジナル料理の開発と移動販売の充実を図り、中心市街地の活性化や障がい者の新たな雇用をめざす

「駅と駅を結ぶ物語」実行委員会

リアカーを使った屋台chibot

リアカーを使った屋台chibot


鯖江料理開発ワークショップの様子

鯖江料理開発ワークショップの様子

事務局
NPO法人Comfortさばえ
実施エリア
鯖江市

鯖江市中心街における、商業施設を活用した「駅と駅を結ぶ物語」

事業の概要

鯖江市中心市街地(JR鯖江駅と道の駅「西山公園」を結ぶ地域)における地域活性化や地域課題の解決に向けて、今年度4月にオープンした道の駅「西山公園」やJR鯖江駅2階に12月オープン予定の「えきライブラリー」を核として、既存の骨董市(誠市)や商店街が実施する「ご縁市」等の地域資源を活用し、担い手の新規商品の開発・販売支援(鯖江市の特産品を使ったオリジナル料理の開発と販路開拓)や、起業支援(移動販売chobitを活用した起業)を行う。

担い手が行う地域づくり活動
①NPO法人小さな種ここる(障害者の雇用促進と地域住民のふれあいの場の提供等に取り組む)による、さばえオリジナル料理の開発や障害者雇用の拡大
②リアカーを使った小さくて新しい屋台(chobit)を利用した起業・創業によるまちの活性化

中間支援の概要

鯖江ブランド野菜やさばのへしこ等を使用したさばえオリジナル料理の開発・販売や、移動販売を活用した起業等により地域の活性化に取り組む地域づくり活動に対し、NPO法人や行政、金融機関や商工会議所が参加する協議会等で構成する実行委員会が、オリジナル料理の開発・販路開拓、企業・創業に係る支援を行う。

主な構成主体 中間支援の内容
①NPO法人Comfortさばえ 事業全体の企画・運営を担う。また、豊富な地域活動団体のネットワークを生かし、新商品の開発や販路開拓を支援する。
②鯖江市 市民主役事業として市民主体の様々な活動を支援してきており、当事業でも情報提供等の支援を担う。
③鯖江市中小企業創業支援協議会 起業・創業に関わる総合的な支援を担う。鯖江市、日本政策金融公庫、商工会議所、市内金融機関等がメンバー。
④NPO法人さばえNPOサポート 市民団体連絡協議会や指定管理者の連絡会等、豊富な団体ネットワークを活用した支援を担う。

実施体制

05

facebook

アーカイブ

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 地域づくり支援ネット All Rights Reserved.