地域づくり支援ネット

道南食と観光クラスター型6次産業化推進協議会

豊富な農水産物資源を活用した体験型観光プログラムや商品の開発により、地域資源の消費拡大と雇用創出をめざす

道南食と観光クラスター型6次産業化推進協議会

天然のがごめ昆布を干している様子

天然のがごめ昆布を干している様子


協議会での検討の様子

協議会での検討の様子

事務局
公益財団法人函館地域産業振興財団
実施エリア
北海道(渡島総合振興局・桧山振興局内)

6次産業化による道南地域づくり活動プロジェクト

事業の概要

道南地域における豊富な農水産物資源(がごめ昆布など)を活かした新たな体験型観光プログラム、地域固有のギフトセットの商品開発を行うことに対する中間支援活動を行い、産学官民の連携による6次産業化のモデルケースとして実行する。

担い手が行う地域づくり活動
①地域産品のアンテナショップを運営するfoodkan(フードカン)による、 海藻を活用した新商品開発・販売
②函館がごめ連合(函館がごめ昆布の魅力を全国に広めるため商品開発・販売に取り組む企業等により構成)による、海藻をテーマにしたイベント・体験観光の開催等

中間支援の概要

地域の特産品「函館がごめ昆布(海藻)」を活用した商品開発やイベント開催等の地域づくり活動に対し、公益財団法人や銀行・大学等で構成する協議会が商品開発・販路開拓に関するアドバイス、広報・プロモーションやイベント開催等の支援を行う。

協議会の主な構成主体 中間支援の内容
①公益財団法人函館地域産業振興財団 事業全体の調整・支援等の事務局機能を担うとともに、観光業界の調整、イベント運営のサポート、広報のアドバイス、商品開発のアドバイス等を行う。
②北洋銀行函館中央支店 商品開発アドバイス、バイヤー・商品デザイナー等の紹介、商談会出展の補助等を行う。
③北海道大学大学院 セミナーでの講演、体験イベントの調整、広報のアドバイス等を行う。
④北海道渡島総合振興局 バイヤー・商談会の紹介、市町との連携支援を行う。

実施体制

01

facebook

アーカイブ

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 地域づくり支援ネット All Rights Reserved.